サッカー シュートの練習

サッカーのシュート練習は強さと正確さが命

サッカーでは何のためにシュートをするのでしょうか?それは点を入れるためです。サッカーで得点しなければ勝つことは出来ません。では、シュートの練習はどのようにすればいいのでしょうか?

 

まず、シュートでは確実にゴールにボールを入れなければいけません。でも、ゴールにはキーパーがいます。キーパーの動きを読み、キーパーを避けてシュートをしなければなりません。

 

そのためにはボールのコントロールが大事です。そして、強く早く入るシュートが必要です。しかし、思いっきり蹴るだけのシュートではコントロールも効かず、ゴールに入る確率が低くなってしまします。

 

確実に強く入るシュートはインステップキックと呼ばれる、足の甲で蹴るシュートですが、強さはあるもののボールの中心を捉えにくく、コントロールが難しくなります。インサイドキックと呼ばれる、足の内側で蹴るシュートは正確に入りやすいのですが、強さが足りません。

 

サッカーのシュートは正確なインステップキックの練習と、強力なインサイドキックの練習が不可欠なのです。

サッカーのシュート練習は楽しくたくさん

サッカーでシュートをする前には、多くの場合パスを受けてゴールを目指します。そのため、ゴール付近で360度どこからパスが来ても受け止められる練習が必要です。

 

それから、モチベーションをあげる意味ではシュートを決めて、点数を取る楽しみを覚える必要があります。ですから、ゲーム感覚で得点を競わせるサッカーの練習は子供たちも楽しんで練習できるでしょう。

 

何事も上達は楽しいと思うことが大事です。楽しいからこそつらい練習も頑張れる。楽しいからもっと上手になろうと思う。自分には出来るんだという自信を持たせ、その上で細かなテクニックを指導していけば、弱音を吐くことなく、技術習得に向かって努力するでしょう。

 

最強のシュートは100%決まる確実なシュートです。そのためには利き足の反対側のサイドネットを狙うこと。そしてグラウンダー(ゴロのこと)でシュートすることです。キーパーに止められず、正確に入るシュートは練習あるのみです。

 

サッカーの楽しさと技術の向上、この2つを同時に進行できるのは、ボールの中心を確実に蹴ってシュートが決まること。この練習を繰り返しましょう。