サッカー パスの上達

サッカーのパスの上達はコントロールが大事

サッカーでパスをするときは相手あってのことです。まずは相手、目標物を想定してそこに確実にボールが届くように蹴ること、コントロールが上達には大事です。

 

二人一組になってショートパスから練習を始め、徐々に距離を伸ばしていくのがいいでしょう。ある程度遠くまで蹴られるようになったら、ラバーコーンなどの目標物を置いて、そこまで確実に届くように蹴る練習もロングパスの練習になります。

 

また、蹴るためには足腰の筋肉を鍛えることも大切です。蹴る動作は足を大きく振り出しますので、軸となる腰や体の中心の筋肉が強くなければいけません。スクワットや体幹トレーニングが有効です。

 

そして、パスは出すばかりでなく受け取ることもサッカー上達には重要です。相手が出すパスの流れを読み、到着点を見極めて待つ場所を決めなければなりません。そのためには普段からサッカーのテレビ中継やDVDなどを観てサッカーのプレイのイメージを掴むことも必要になってきます。

 

自分がどのようなパスが苦手かを確かめ、そこを重点的に練習することが上達には不可欠です。

サッカーのパスの上達にはトラップと精神鍛錬

パスを受け取るサッカーの練習として、トラップと呼ばれる宙に浮いたボールを受け止めて自分が蹴りやすいようにコントロールすることもパスの上達には大切です。ロングパスだとワンバウンドでキャッチすることもあります。そういったいろいろなトラップの練習をしておくと、次のパスへもつなぎやすいでしょう。

 

それから、いざサッカーの試合になると敵がパスを奪おうと攻撃を仕掛けてきます。これを読みながらかわしてパスを出さなければなりません。洞察力が重要になってきます。最初のうちは無我夢中でやってしまいますが、何度かミスをするうちになぜボールを奪われたのかを考えるようになるでしょう。そこが上達には重要です。

 

そのためには練習試合やミニゲームを通して、自分のパスの反省点をはっきりさせることが肝心です。もし、本来ならコントロールもしっかりできているのに試合になると失敗してしまうような場合は、精神力を鍛える必要もあります。サッカーの上達にはまずは場数を踏むことです。その中で出来たことをしっかりと記憶し、「自分はできる」という自信をつけることが重要です。