ドリブル 練習 サッカー

サッカーのドリブル練習ではボールは蹴らない

サッカーの華、見せ場といえばドリブルです。よく何人抜きなどと賞賛されることもあります。ドリブルが上手ければ、パスも出せるし、シュートにもつながります。

 

ではドリブルのどんな練習法をすれば、サッカーでそのような華やかなドリブルができるようになるのでしょうか?

 

敵にボールを取られにくく、速いドリブル。これが理想のドリブルです。そのためには正確なドリブルが必要です。要はボールから足が離れないということです。ボールは蹴るのではなく押し出すのです。

 

まずはボールを足になじませる。利き足でボールを上から押さえて後ろ側に引く。足の内側でボールを捉え、引きずるように押し出す。絶対にボールを回転させない。できるだけ遠くへ押し出して利き足で止める。この練習をボールを見ずに早く出来るようにすくことが大事です。

 

次に、両足の間にボールを置き、利き足で内側にボールを引き、足の外側で足首にボールをくっつけるように捉えて押し出す。軸足ごと移動する。続けて利き足の内側でボールを捉え、反対の足で同じようにボールを捉えて押し出す。
これを続けます。

 

足の内側と外側を使ったボールの押し出し方です。大事なのは膝を軽く曲げて膝下を柔らかく、ボールにソフトに触れ続けることです。これがサッカーのドリブル練習には欠かせないのです。

サッカーのドリブル練習は軌道線上を外れないこと

サッカーの練習では、よくラバーコーンを使ったジグザグドリブル練習をやっているのを見かけますが、本当はジグザグドリブルよりも、円や曲線を描くドリブル練習のほうが実践的なのです。円や曲線の移動軸上を人とボールが一緒に移動していくのが理想的なドリブルです。

 

練習はまず円を描きます。直径2m、直径5mとどんどん大きな円にしていき、その上をドリブルしながら回ります。左回り右回り両方やります。できるだけ速く走りながら出来るように練習します。

 

次に8の字を描き、その上を同じようにドリブルします。途中で方向が変わりますからボールを上手にコントロールしなければなりません。また、この8の字を連続して描いて円を4つくらい先に進んで戻ってくる練習もサッカーには有効です。

 

他には大きな円上を鬼ごっこのように追いかけっこさせながらスピードを競うものも、緊張感を感じながらのドリブルという実践的なサッカーの練習になります。

 

この練習のコツは、とにかくボールと人が軌道線上から外れないようにすることです。