サッカー 基礎練習

サッカーの基礎練習は蹴ることから

サッカーという競技は走る、ボールを蹴るといういたって単純なスポーツです。そのサッカーの基礎練習はまずはボールに慣れることです。大きさや重さなど、体に合ったボールを用意し、とりあえず蹴ってみましょう。

 

なかなか思うようにボールは動いてくれませんよね?
そこで、ボールを足で上手に操る基礎練習が大事なのです。

 

基本的にはボールは足で蹴りますから、足首、足の内側、太ももを使います。足首の練習は足の甲でボールを蹴ります。これがパスです。最初は壁に向かったり、向かい側に誰かに立ってもらってキャッチしてもらったりするなどでいいでしょう。ボールを蹴る楽しさを覚えましょう。つらいことは何事も続きません。とにかくボールを蹴って、ボールが自分の思うところに行くようになれば十分です。その頃には、自然に足の甲の内側も使うようになっているでしょう。

 

次に、太ももを使ってのリフティングです。サッカー選手がやるように連続で蹴り続けるのは難しいですが、これも太ももで蹴って、自分の思うところに飛ばすことが出来れば十分練習になります。太ももで蹴って自分でキャッチする、向こう側の人のところへ渡す。いろいろなパターンでボールを蹴ってみましょう。これがサッカーの基礎中の基礎練習です。

サッカーの基礎練習はパスとトラップ

サッカーボールの扱いは難しいですが、とにかく慣れることが大事です。サッカーの基礎練習はまずボールに慣れることです。ボールを蹴るのが楽しくなってきたら、今度はパスされたボールを受け取ってみましょう。

 

サッカーでボールを止めるときには。胸やお腹、足や頭などいろいろなところを使います。来るボールによって使い分け、止めたボールを自分が蹴りやすようにコントロールします。

 

コロコロと転がってきたボールは、足首を曲げて足の裏で止めます。これをウェッジコントロールといいます。

 

中に浮いたボールを体をクッション代わりにして受け止め、足元にボールを持っていくことをクッションコントロールといいます。ボールの勢いを殺して、自分の扱いやすいボールにするテクニックです。
この両方をまとめてトラップといいます。

 

サッカーにおいてトラップとパスは基礎練習としてとても大事なものです。どんなに上手なプロの選手もパスとトラップの練習は欠かしません。一人でもある程度の広さがあれば出来る練習です。ぜひ、ボールに触れる機会を増やすためにも、パスとトラップの基礎練習は続けていきたいものです。