サッカー DF上達

サッカー上達、DFセンターバックの練習

サッカーでDFの役割とは、そのものズバリ相手チームの攻撃を防ぐこと。

 

DFがプレッシャーをかけ、自由に相手選手が動けないようにし、チェックを厳しくして相手選手に仕事をさせないのが大切です。

 

サッカーではディフェンスラインのゴール前方をセンターバックと言い、強靭な肉体と、1対1の状況に強い事が上達には必要になってきます。このDFにはセットプレーや1対1の状況で、絶対に相手選手に負けない事が求められます。

 

センターバックはディフェンスラインを統率する司令塔の役割があるので、基礎トレーニングによるフィジカルの向上と同時に、実戦形式の練習が上達のためには良いでしょう。

 

4対4のサイド攻撃やセットプレーの練習を通し、実際のサッカーの試合においてもパートナーと十分な意思疎通が行えるよう、何度も練習を繰り返し、上達を目指しましょう。

 

ゾーンで守るのか、それともマンツーマンなのか、その場、その場での判断が重要になってきますので、パートナー同士、お互いに声掛けしながら対応できるように心がけましょう。

サッカー上達、DFサイドバックの練習

サッカーのDFの役割には、センターバックとサイドバックとがありますが、ディフェンスラインの両サイドに位置するサイドバックは、攻撃、守備を兼ねて動きまわるため、人並み以上のスタミナが必要です。そのため、DFの上達には普段からのスタミナ作り、走り込みが大変重要になってきます。

 

攻撃時に、DFは前線まで駆け上がりドリブルで斬り込み、更にはクロスボールを上げたりもするので、そのプレーには、スタミナと同時に常に精度が求められてきます。

 

DFの上達練習方法としては、クロスボールの場合は、同じサイドバックの人に相手選手役になってもらい、サイド攻撃の練習や、様々なクロスボールの練習をしておくと良いでしょう。ディフェンスでは、マーク確認、マンツーマンへの対応など、実践を通さないことには理解出来ない事も多いと思われます。そのため、実戦形式のサッカーの練習が上達には良いと考えられます。

 

また、守備時の冷静な対応と、攻撃時の思い切った判断が同時に求められるため、常に落ち着いてサッカーの試合全体を見通したプレーが出来るよう、しっかり心がけましょう。