サッカー MF上達

サッカー上達、MFトップ下とは?

サッカーでMFとは、攻撃と守備、両面においてチームの司令塔の役割を担い、攻撃面では前線に得点につながるパスを送り出したり、守備面では中盤を支配することでサッカーのゲーム全体を落ち着かせるなど、多彩で重要な役目を担っています。

 

中でもトップ下のMFは、攻撃的なMFです。では攻撃的なMFの上達には何が必要なのでしょうか?

 

トップ下のMFはチームの主役とも言えるポジションであり、試合中のチャンスメイクや、自らの得点など、まさに攻撃の起点となる重要なポジションです。そのため、高度な技術と経験が求められる難しいポジションでもあります。

 

したがって、このポジションの上達のためには、日頃の基礎体力づくり、基礎訓練はもちろんのこと、それ以上に、実践での経験を通して感覚を磨いていくのが大切になります。

 

普段のサッカーの練習を怠ること無く、自身の実力を高める努力が必要になりますが、同時に、プロの試合を分析的に見ることで、トップ下の動きを自分なりにイメージし、実践に応用できるようなイメージトレーニングを日頃から心がけるのも上達には重要です。

サッカー上達、MFサイドハーフとは?

サッカーの攻守において重要な役割を果たすMF。

 

中でも別名ウィングとも呼ばれるサイドハーフの上達には、1対1の状況下でも決して負けないテクニックが重要になってきます。

 

そのため、1対1の状況で正確なドリブルテクニック・巧みなフェイントを駆使し、相手を抜き去る練習をすることをおすすめします。このサッカーの練習を何度も繰り返すことで、相手からのプレッシャーにも慣れ、実践で落ち着いてプレーできるように上達するはずです。

 

MFのサイドハーフには、ドリブルのスピードやクロスの精度も重要になってきますので、コーン等を障害物とし、ドリブルでスピーディーに突破する練習や、思い通りの位置に蹴り出せるように、正確なロングキックの練習も上達には大切です。

 

MFには、トップ下、ボランチ、そしてサイドハーフと、様々な役割が有ることからも分かる通り、サッカーの試合においてその役割は多種多様にわたります。そのため、1つの役割に囚われること無く、中盤で積極的に動きまわろうという、力強い姿勢を常に持つことが重要です。