サッカー FW上達

FW上達、点を取るにはシュート決定力が決めて

サッカーにおいてFWの役割とはゴールを決めることであり、決定力の向上が何よりも重要。

 

したがって、FWの上達にはシュート練習こそが練習の肝になります。サッカーではドリブルシュート、センタリングシュートが基本的なシュート練習になりますが、キーパーの動きをよく見てシュートコースを定める、単純な練習ですが決定力の上達に効果的です。

 

また、実際のサッカーの試合においてはクロスからのダイレクトシュートという流れが最も多いので、そのことをイメージしながら練習することも上達には大切です。

 

落ち着いてボールをもらい、冷静に判断をしシュートをする。安定感のあるシュートセンスこそ、FWに求められる大切な資質です。そのためにも、基礎トレーニングと走りこみによる体力づくりを常に心がけましょう。

 

そして、FWには「自分が得点し試合に勝つ!」という得点への貪欲さも必要になってきます。セットプレーの練習や実際の試合の中で「誰にも負けない!」という強いメンタルを鍛えて行きましょう。裏への抜け出しなどは、実際の試合で経験を積み、感覚を養うのがベストですが、プロ選手の実際の試合をよく見て、自分なりに研究し実践してみるのも良いでしょう。

FWの上達、点を取る以外に大切なこと

サッカーでのFWの役割とはゴールを決めることですが、しかし、現代の組織的サッカーでは、個人の力だけでは点は取れません。

 

そのため、FWの上達のためには、点を取る以外の仕事を理解する必要があります。点を取る以外の仕事とは、ポストプレーとDFのひきつけ、この2つが上達には大切になります。

 

ポストプレーとは引き受けたボールをキープしながら、仲間が攻め上がる時間を稼ぎ、攻撃の起点となることです。

 

DFのひきつけとは、FWには必ずDFのマークが付くことを利用し、DFを自分にひきつけ、見方が走りこむスペースを作ることです。DFのマークがきつくて思うような動きができない時こそ、縦横無尽に動き回ることで相手DFをしっかりとひきつけ、味方が十分に動き回れるスペースを作り出しましょう。

 

これらの動きは、普段のサッカーの練習の中では感覚的に理解するのが難しいかもしれません。ですから、実際の試合をする時、プロの試合を観るときなど、しっかりと意識し、自分の中でイメージを固めていくのが上達には大切だと思います。