小学生でサッカーが上達するには

小学生のサッカーの上達には楽しさが一番大切

おそらく多くのお子さんが、小学生からサッカーを始めるでしょう。サッカー選手に憧れる場合や、サッカーゲームの方が先かもしれませんね。小学生でドリブルやシュートやリフティングなど、子供とは思えないほど上手な子もいます。でも、殆どの子はボールと戯れるのが楽しくてしょうがないのではないでしょうか?

 

小学生のサッカーの上達には、その“楽しさ”が一番大切です。楽しいことだから続けられるのです。楽しいから努力も出来るのです。きっと好きなサッカー選手がいて、その人のプレーの一挙手一投足を見逃すまいと観察していることでしょう。そして、どうやったらそのプレーを真似できるのか考えるのです。

 

サッカーの上達にはこの過程がとても大切です。そして、本当にサッカー選手になりたいのなら、自分がサッカー選手になって活躍している将来を思い描くことです。

 

技術的なことはこの後の努力で上達します。辛いことがあっても、辞めたいと思わずに続けて欲しい。そう思いませんか?そのためにはサッカーは基本的に楽しくなければならないのです。

サッカー好きの小学生はいずれ上達する

サッカーをしている小学生のお子さんをお持ちの親御さんは、子供たちのサッカー技術の向上を望まれているでしょう。しかし、小学生というのは身体的に発育途中であり、大人のサッカー選手のような練習をすることで、サッカーが上手になるとはいえないのです。

 

なぜなら、神経系の成長と肉体の成長は比例しないので、自分の感覚をつかんだと思っている矢先に、体がその感覚を追い越すように成長していくのです。小学校高学年から中学生にかけては本人達ももどかしい思いをすることでしょう。

 

しかし、その神経系が発達するときにボールの感覚を体に染み込ませることが出来れば、いずれ肉体の成長とあいまった時には素晴らしい上達を見せるのです。

 

まずは小学校低学年から中学年にかけては、ボールとたくさん触れ合うことです。ボールと友達になることです。そこから全ての上達は始まるのです。そして、褒めることです。上達するためには出来たことを褒める。あまり親御さんがプレッシャーを与えるようなことを言うと、サッカーを嫌いになってしまいます。小学生のうちはとにかく好き。好きこそものの上手なれなのです。