サッカー セットプレー

サッカーのセットプレー・コーナーキックを極める

サッカーにおけるセットプレーとは、一旦ボールがフィールド外に出たり、反則などによって止められたりしたときにゲームを再開するときに行われるコーナーキックやフリーキックのことです。

 

コーナーキックは、守備側のプレイヤーが最後にボールに触れてゴールラインを超えた場合に行われるセットプレーです。出た場所に近いコーナーアークからボールを蹴ってゲーム再開となります。サッカーではボールを蹴ったプレイヤーは他のプレイヤーがボールに触れるまで、再びボールに触れることは許されません。

 

セットプレーは敵のゴール近くで攻撃を開始できることから、攻撃陣にとっては得点の大きなチャンスです。一番使われる技法であり、成功率が高いのはヘディングによるシュートです。しかし、相手チームのプレイヤーもマークして来るので、マークしているプレイヤーが視界から消えないように、確認しながら自分が一番にボールに触れるんだという意識で前に出ましょう。

 

サッカーの試合でも大事な場面なので緊張してしまいがちですが、練習を重ねることで自信を付けていきましょう。

サッカーのセットプレー・フリーキックのポイントは壁

サッカーのセットプレーのフリーキックは、試合中に何らかの不正やファールが合った場合に行われます。

 

具体的にはハンドや、相手を蹴ってしまうといった行為はファールとなりフリーキックが行われます。この場合のフリーキックは直接フリーキックと呼ばれ、ボールを置いた場所から直接ゴールを狙って蹴ることができるセットプレーです。

 

もう一つのフリーキックは間接フリーキックと呼ばれ、主にゴールキーパーの反則に対して与えられるもので、キッカーがボールを蹴る前に他のプレイヤーがボールに触れてからでないと蹴ることができないフリーキックのことです。

 

サッカーでフリーキックの際には守備側は“壁”といって、数人が並んでゴールの一部をカバーする方法がよく取られます。壁の作り方は、どの場所からフリーキックが行われるかによって変わってきます。場所によって3人〜5人で壁を構成し、身長の高い人が外側から並ぶようにするのが定石です。

 

攻撃側はこの壁を越えてゴールを決めなければなりません。サッカーでは壁を越えて落ちるキックが一般的なフリーキックの決め方です。右利きの場合は斜め左後から助走をつけ、右足で擦りあげるように蹴ることで適度な回転がつき、落ちるボールになります。このセットプレーの修得には練習を重ねるしかありません。