サッカー スローインの練習

サッカーでのスローイン練習はルールの理解から

サッカーにおけるスローインは、ボールがタッチラインから出たときにボールを出した選手の相手チームが、ボールが出た場所から両手でボールを投げ入れてゲームを再開するものです。

 

サッカーのスローインのルールは厳しく、タッチラインから両足の一部が出ていること、フィールドに向かってまっすぐに立っていること、頭の後方から頭上を通ってボールを投げなければならないなど、スローアー(ボールを投げ入れる人)の動きに関して決まりがたくさんあります。

 

スローインの練習で大切なことは、プレイヤーに上手なボールを出すことです。手でボールを投げ入れるということは、足で蹴るよりもコントロールがしやすいのです。このチャンスを逃すことのないように、マークされていないプレイヤーを見つけ、確実にその人の元へボールを届ける練習が大事です。

 

相手がヘディングで待っているのか、ドリブルに入ろうとしているのか、はたまた即シュートしようとしているのか、よく見極めて投げなければいけません。サッカーのスローインはフィールドのいろいろな場所を想定して練習をする必要があります。

サッカーのスローインはスペース作りの練習を

サッカーのスローインのルールでは、プレイヤーはスローアーから2m以上離れなければなりません。また、スローアーに近づくことでスペースが広がらず、ディフェンダーにマークされやすいです。

 

こういう時には、数人のレシーバー(ボールを受け取るプレイヤー)候補が、相手のディフェンダーを撹乱する練習が大事です。レシーバーが動いてスペースを作ることで、どのレシーバーが有利か分かり、スローアーもボールを投げやすくなります。また、相手にボールを奪われる確率を下げることができます。

 

このようにスローインはチーム一丸となって、スローアーのボールを活かす練習が必要です。たかがボールを投げ入れてゲームを再開させるだけのことですが、サッカーにおいてはこのスローインによって得点に結びつくかもしれないのです。緊張感をもって臨みたいものです。

 

そして、こうしたチームプレーはファールスローを取られないようにルールを守ったスローインが出来ることが前提です。ファールスローを取られては相手に有利になってしまいます。そのようなミスがないように、入念にサッカーの練習したいものです。