サッカー フェイントの練習

サッカーのフェイント練習はドリブル研究から

サッカーでフェイントを掛けるときは、ドリブルで敵に攻められてきたときです。最初はついつい近くの味方にパスを出してしまうのではないでしょうか?しかし、パスは敵にボールを奪われる確率が高いのです。そんな時は、フェイントを掛けて相手を出し抜くことで、ドリブルを続けることができます。

 

フェイントにはいくつかの種類があり、ポイントとしては相手との間合いを見る、見せかけの動作を大きくする。これがフェイントの醍醐味です。相手はボールの流れを読んで動きます、そこをかわして別の方向にボールを出す。この時点で相手はボールのコースから外れた場所にいる筈です。

 

フェイントは高度な技ですが、相手を想定したドリブルの練習を繰り返すうちに、コツが掴めるようになります。また、相手にこちらの動きを読まれないために、目線を逸らしてボールをコントロールするサッカーの練習も大事です。

 

サッカーの試合では頻繁に使われるフェイントです。ぜひ、テレビ中継などでプロの選手の技を見て研究し、練習してください。

サッカーのフェイント練習はマシューズから

サッカーのフェイントにはマシューズと呼ばれるものがあります。一般にフェイントというとこれを指すことが多いようです。

 

ドリブルをしながら相手が近づいてくるのを待って距離を縮めます。だんだんとスピードを弱めるとフェイントをかけた時とのメリハリがついてより効果的です。相手との距離が近づいたら、フェイントをかける方向に大きく体を動かします。相手がその動きに合わせて体重をそちらに移動したのを見計らって、反対側にボールを蹴り出し相手をすり抜けます。重心を下げて斜め前に飛び出すとスピードが出てよいでしょう。

 

このようなサッカーの練習を何人かで一組になってやりましょう。実践を交えながらでないとフェイントの練習にはなりません。実際の試合では緊張やプレッシャーから、いつもの動きができなくなるものです。あらゆる状況を想定して、練習することにより本番でのプレッシャーをはねのけることができます。

 

相手がいる状況で何度も練習して、サッカーのフェイントを自分のものにしましょう。