サッカー ヘディングの練習

サッカーのヘディング練習は体を引くことが大事

サッカーのヘディングは頭、特に額でサッカーボールを打つことを言います。まず、ヘディングの練習では頭にボールを当てることを恐れないことが大切です。最初はどうしてもボールが怖くて目を閉じてしまったりします。しかし、目を閉じていてはボールがうまく額に当たりません。

 

まずは飛んできたボールに頭を当てる。これがサッカーのヘディングの重要な練習です。

 

そして、ボールが額に当たるようになったら、今度は強いヘディングをするために、手で振りを付けるという練習をします。両手を顔の前に出して引くようにすると、自然と頭が後ろに下がり、勢いがついて前に出ます。この動力を使ってヘディングをするのです。

 

まずは、顔の前に両手を構えて、両手でボールをキャッチする練習をしましょう。何度かこの練習をするうちに、手が自然に前に出るようになり、強いヘディングが出来るようになります。

 

まっすぐに引くのが苦手な場合は、左の肩を上げるというのも有効です。左肩を上げることで、自然に右肩が下がります。その引いた右肩が弧を描くようにヘディングすることで、強いヘディングをすることが出来るのです。

サッカーのヘディング練習は背筋と姿勢が重要

サッカーでヘディングを強く正確にできるようになるためには、背筋が重要になってきます。体を後ろに引いてヘディングするときに、力を発揮するのは背筋です。背筋が鍛えられていないと弱いヘディングになってしまします。

 

いいヘディングをするためには背筋の筋トレも必要だということです。

 

次にヘディングをする時の姿勢です。全身をしならせて打つヘディングは強くコントロールの効いたものになります。ぜひヘディングの練習の時には姿勢のとり方も研究してください。サッカーの練習を携帯電話の動画などで撮影してみると体のしなり具合などがよく分かります。

 

ヘディングの練習用のボールも出ています。サッカーボールに紐がついたものなのですが、天井などから吊るせば一人でもヘディングの練習ができます。

 

背筋を鍛えて、姿勢に気をつければヘディングは上手になっていきます。この2つがしっかりしていれば、ジャンプヘディングも決まるようになります。額でボールの中心を捉えられるように練習を重ねましょう。