サッカー 怪我予防

サッカーの怪我予防としてできること

サッカーの練習をする上で、一番気をつけなければならないことは、怪我予防です。そのために必要なのがウォーミングアップとクールダウン、そしてストレッチです。この要素が怪我予防には不可欠です。

 

ウォーミングアップはサッカーを始める前に、10分から20分ジョギングをしたり、体操をしたりして体を温めて筋肉や靭帯、関節を痛めにくくします。そして、ストレッチはウォーミングアップを終えた後に、筋肉や関節をゆっくりと伸ばして関節の可動域を広げることで、肉離れや捻挫を防ぎます。また、血液の循環を良くして筋肉内の疲労物質を除去する効果もあります。

 

そして、サッカー練習が終わった後には、必ずクールダウンをしましょう。激しい運動をした後、急に運動を止めてしまうと心臓や肺など体の様々な組織に負担をかけていまします。その負担を軽減すると共に、筋肉からの疲労物質の代謝を高め、肉体疲労の回復を早めるのです。

 

このように、サッカーの練習をする際には、体への負担を軽減するためにウォーミングアップとクールダウンは絶対に行い、怪我予防をしなければならないのです。

サッカーでの怪我予防の必需品

サッカーの練習をしていると、いろいろな怪我に見舞われます。中でも一番多いのが擦り傷ではないでしょうか?その擦り傷を予防するためには、長めのアンダーパンツや、厚手のハイソックスなどが有効です。

 

大きめのサッカー用スパイクを購入したために靴が合わなくて靴擦れを起こしたり、走りにくかったりするようであればその子に合ったインソールをスパイクに敷くのはとても効果があります。

 

足を捻挫しやすい場合などは筋肉や靭帯の代わりになるキネシオテーピングなども怪我予防になります。また、テーピングや筋肉と同じ働きをするタイツやサポーターなども、痛めやすい部分の保護に最適です。

 

しかし、こうしたグッズによるサポートも大切ですが、子供たちが週末のみに運動をするような環境を変えることも怪我予防に効果をもたらすと言われています。というのは、子供たちの運動不足が懸念される昨今、週末だけに激しいスポーツをすることで、体に急激に負担がかかってしまうことが怪我の原因にもなるからです。

 

サッカーの怪我予防には、普段から体を動かすことを心がけ、家でもトレーニングをすることが大切なのです。